有限会社住環境設計室

社会の安全と安心、快適に貢献します。

  • photo
  • 所在地 〒963-0213 
    郡山市逢瀬町多田野字黒岩原25-3
  • 代表者 代表取締役 影山 千秋
  • 設立 1995年
  • 資本金 300万円
  • 従業員数 5人
  • 業種 その他

事業内容

建築の企画・設計・監理。新しい土木、建築の技術開発と普及。
回転埋設鋼管杭で2種の国土交通大臣認定取得。3.11での被害なしの世界初免震装置の無い免震基礎。
熱交換井を掘削しない地中熱利用技術開発。

製品・商品名

SP免震基礎工法、パブ工法(沈下修正工事)、bDパイル、ブレードパイル(回転埋設鋼管杭)、浅部地中熱利用技術

経営戦略

技術の差別化、知財の蓄積

特色

いくつもの自社開発特許技術で、全国に代理店展開。
浅部地中熱利用及び免震工法で日本大学工学部との共同研究。

ライセンス取得状況

bDパイル(特許 第3661863号)、PUBB工法(特許 第3817579号)
SP免震基礎工法(特許 5629847号)、国土交通大臣認定杭2種

代表者からひとこと

安価で安全な建設技術の開発、再生可能エネルギーとして、最も身近で最も安定している浅部地中熱利用技術の普及を通して、社会に必要とされる企業でありつづける。

提供したい技術

地震列島日本にこそ必要な地震の力を受け流す、免震装置の無い免震基礎、SP免震基礎工法。
傾いた住宅を可能な限り生活したまま修正する沈下修正工事、PUBB工法。
最も安定した再生可能エネルギー、浅部地中熱を利用したGPエコシステム。